沿革

  • 明治〜昭和30年代
  • 〜昭和後期
  • 平成〜
明治05年
初代穴水嘉三郎が山梨県甲府市金手町に穴水嘉三郎商店を創業、油類及び塩などの販売を始める。
明治21年
日本石油株式会社創立と同時にその特約店となる。
大正13年
東京支店を港区芝に開設する。
昭和02年
弊社第1号の給油所を港区芝に開設する。
昭和08年
本社を東京都港区芝へ移すと共に、株式会社に改組をして社名を株式会社穴水商店とする。
昭和12年
穴水徳五郎が取締役社長に就任する。 味の素株式会社の製油部門創設と同時にその特約店となる。
昭和13年
川崎支店を京浜工業地帯の中心である川崎市川崎区に開設する。竹本油脂株式会社の特約店となる。
昭和22年
6月石油配給公団の設立と共に同公団の指定店となる。
昭和24年
甲府市酒折に酒折油槽所を開設する。
昭和30年
不二製油株式会社の特約店となる。
昭和32年
川崎支店、甲府支店をそれぞれ分社化して地域密着型の独立法人として再出発させる。
昭和37年
日本油脂株式会社の特約店となる。
  • 明治〜昭和30年代
  • 昭和後期
  • 企業情報
昭和42年
世田谷区代田に給油所を併設した世田谷ビルを竣工する。
昭和43年
ライオン株式会社の特約店となる。
昭和44年
千葉支店を京葉工業地帯の中心である千葉市(現稲毛区)に開設する。文京区駒込に上富士前SSを開設する。
昭和46年
穴水株式会社に社名変更する。
昭和47年
創業100周年を迎える。
昭和50年
宮田工業株式会社の代理店となり防災事業部門へ進出する。
昭和56年
外食グループ及び飲料事業部を設立する。
昭和57年
甲府西給油所が資源エネルギー庁長官賞を受賞する。
昭和60年

大成建設株式会社のアンカー工法の部材の供給エージェントとしてVSL樹脂部門を創設する。

大阪吹田市に大阪営業所を開設する。

昭和63年

日本石油株式会社創立100周年記念において、創業以来の特約店として表彰される。

昭和バイパスSSが資源エネルギー庁長官賞を受賞する。

  • 明治〜昭和30年代
  • 昭和後期
  • 平成〜
平成04年

創業120周年を迎える。

穴水株式会社(神奈川)の社長に穴水敏治が就任する。

平成05年
ベンダー部門新設、リーフレス茶の販売開始。
平成07年
甲府駅前に東武穴水ビルを竣工する。
平成08年
穴水株式会社(東京)石油部を穴水株式会社(神奈川)へ統合する。穴水株式会社(東京)は食品販売業と不動産業に特化する。
平成12年
穴水株式会社(神奈川)が、川崎南税務署より優良申告法人として表敬を受ける。
平成14年
穴水株式会社(千葉)を穴水株式会社(神奈川)へ統合する。
平成18年

穴水株式会社(東京)の旧社屋を廃止して、複合ビルを竣工。ギフトビジネス、特に仏事方面の開拓を始める。

穴水株式会社(神奈川)の物流部門を分社化し、株式会社いづみテクノサービスを設立する。

平成19年
穴川インターSS閉鎖。
平成20年
穴水株式会社(神奈川)が環境マネジメントの国際規格「ISO14001」を取得。
平成21年
14階建て賃貸マンション「フォンテーヌ芝浦」竣工。
平成23年
株式会社穴水ホールディングスを設立し、食品部門を分社化(社名は穴水株式会社(東京))と共に、社長に穴水敏治が就任。
平成24年
創業140周年を迎える。
穴水株式会社(東京)の社長に穴水健治、穴水株式会社(神奈川)の社長に穴水雄治、穴水株式会社(山梨)の社長に西川一也がそれぞれ就任。